自己破産

自己破産にはメリットもデメリットもあります

自己破産

金融業者からの借入れをしている人の場合には、複数の金融業者を利用した場合や、多額の融資を受けてしまったために返済が困難になるケースがあります。

 

そのような借金問題を解決できる方法としては、自己破産の手続きをする方法があります。

 

自己破産をするメリットは、なんと言っても借金の支払い義務がなくなることが挙げられます。

 

自己破産というものは、借金の支払いができないことを裁判所に認めてもらうことで、返済義務を免除してもらう手続きになりますので、手続きが成立してからは返済をすることはなくなります。

 

自己破産はメリットばかりではなくて、デメリットもあるわけですが、そのうちの1つとしては財産を処分することがあります。

 

自己破産の手続きをするためには、現金で99万円以上、その他の財産は価値として20万円を超えるものは処分する必要があります。

 

財産を処分するデメリットはありますが、収入や手持ちの財産が少ない人にとってはメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

 

自己破産のデメリットとしては資格が制限されることや、官報に掲載されてしまいますので、第三者に知られる可能性があることも挙げられます。

 

その他には新規の借入れを申し込んだときには、金融業者の審査で過去の自己破産経験がわかってしまいますので、審査に通らない点もデメリットと言えます。


自己破産の手続きには期間はどのくらいかかるの?

自己破産

借金の返済がどうしてもできず悩まれている方も少なくありませんが、かなり困窮している場合でも自己破産という方法を選べば解決することができます。

 

自己破産すれば借金を支払う必要はなくなりますが、そのためにはまずは手続きが必要です。

 

自己破産の手続きは期間はどのくらいかかるのかも調べておきましょう。
まずは住所を管轄する地方裁判所に申立書を提出します。

 

そして、それから約1ヵ月後に破産の審尋が行われ支払い不能になった状況についての質問が行われます。

 

その数日後に破産の決定がなされ、めぼしい財産がない場合は同時廃止の決定もなされます。

 

その2週間後には官報に公告があり、その2週間後に破産の確定が行われます。

 

それから約1ヵ月後に裁判官から免責不許可事由についての質問を受ける免責の審尋があります。

 

さらにその1ヵ月以上後に免責の決定が行われます。

 

そしてその2週間後に官報に公告があり、その2週間後に免責の確定・復権があり、すべての借金がなくなります。

 

自己破産の手続きはこのように数ヶ月必要となりますので、そのことも理解して早めに手続きは進めていきましょう。

 

破産の申し立てを行う人に財産があるかないかでも手続きにかかる時間は変わってきます。


多重債務者は自己破産や過払い請求ができます

消費者金融などから借り入れを行った場合には、融資を受けた金額と金利分の支払いが必要になるために、返済しきれずに多重債務に陥る人もいます。

 

近年では消費者金融業者からの借り入れがしやすくなっていることもあり、多重債務者は年々増加している傾向にあると言えます。

 

多重債務に陥った人の場合の解決策としては、自己破産をする方法が最も知られている方法と言えるでしょう。

 

自己破産は裁判所において、借金の支払いをしていく能力を有していないことを認めてもらうことで、支払いを免除してもらう手続きとなります。

 

自己破産をすることによって、多重債務者は借金の苦しみから逃れることが可能となり、手続きが完了して以後は支払いをする必要がなくなります。

 

自己破産などの債務整理をするときには、金融業者に過去の取引履歴を開示してもらうことで、払い過ぎた利息分がないか確認することもできます。

 

過去の金融業者との取引において、利息制限法で決められている金利を超える利率によって支払いをしていたときには、過払い請求をすることで払い過ぎた利息分を取り戻すことが可能です。

 

自己破産や過払い請求をするときは、法律的な知識が必要になってきますので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば手続きを完了させやすくなります。

 

自己破産できれば借金がゼロになります。債務整理と違い、返済期間がないので、ブラックリストに載っても載る期間が短くて済みます。自己破産しても会社には知られることもないので安心して相談してみるといいですよ。下記は比較的安心できそうな法律事務所です。

 

しろき法律事務所